process 色やけ

レースの補修をサポートさせていただきます

ブラウスのレースの補修

ブラウスのレースの補修

ニット(カシミア50%,トルファン綿50%)
MIYACOの肌触りよく、暖かいアンダーウェアのニット製品ですが、アウターとしても、とてもお洒落な製品です。この商品のグレーの一枚が、ある小売店さんより色焼けのため返品になりました。お店にディスプレイしていたところ、部分的に色が抜けてしまったようです。今回の場合、たいへん微妙なわずかな色焼けでした。

ブラウスのレースの補修

「日本科学繊維検査協会」へ調査を依頼しました。
このような色焼け(色抜け)については、過去の経験やまわりの生地屋さんから得る情報として、MIYACOは緑・青・黒・グレーなどは色焼けしやすいという認識は持っていました。今回、トラブルのあった商品そのものについて、もっと科学的な目で一度、品質を確かめる必要があると思いました。製品にする前にニットメーカーでも検査済みなのですが、改めて検査を依頼いたしました。
左のような報告書が届きました。染色された商品の持ってる固有の色の丈夫さを染色堅牢度といいます。JIS規格の各種テストを行い1~5の等級で表示し、基準としています。1が最低、5が最高。耐光堅牢度とは自然光や照明、または特定の光にたいする染色堅牢度。報告書には染色堅牢度は「3~4級」とあり、特に問題のない「普通」という結果がでました。ということは、商品自体の品質で生じた色焼けというより、取り扱い方に問題があったと思われます。

◆色やけを防ぐために
そこでお願いです。長時間、光を当て続けなければ色焼けはしませんので、各販売店においては照明器具のそば、日当たりの良い場所、窓の近くにディスプレイし続けることは必ず避けてください。青、緑、黒、グレーなどの色の繊維で色焼けしないものはほとんどないからです。個人宅でも、直射日光のあたるところや窓の近くに洋服を掛けたりしないようにご注意ください。MIYACOとしましては、今後商品に取り付けるデメリット表示等で事前に知らせていくように改善していきます。